陰謀のセオリー (1997) : Conspiracy Theory

タクシー運転手と司法省の女性弁護士が、偶然に巨大な陰謀に触れてしまったことから危難に巻き込まれていく姿を描いたサスペンスもの。コンスピラシー・セオリーと呼ばれる巷間に流布する陰謀をモチーフに、虚実の皮膜を縫う迷宮的な感覚に誘うプロットが秀逸。監督はリチャード・ドナーで、脚本も同作を手掛けたブライアン・ヘルゲランドのオリジナル。撮影はジョン・シュワルツマン、音楽はカーター・バーウェル、美術はポール・シルバート、編集はフランク・J・ユリオステとケヴィン・スティッフ。

監督:リチャード・ドナー
出演:メル・ギブソン、ジュリア・ロバーツ、パトリック・スチュワート、キルク・コザート

陰謀のセオリー (1997)のストーリー

ジェリー・フレッチャー(メル・ギブソン)はNYの流しのタクシー・ドライバー。彼は今日も憑かれたように客に喋りまくり、この世界がいかに陰謀に満ちているかを警告する。バーコードに国家機密が隠されていること。NASAが開発した地震兵器のこと。大統領暗殺者たちの名前に隠された暗号のこと……。彼の記憶は失われ、断片しか残っていない。ただ一つ、彼が忘れなかったのは、司法省の弁護士アリス・サットン(ジュリア・ロバーツ)を守るために自分がいるという確信だった。連邦裁判所判事だった彼女の父親は、数年前に何者かに殺された。一人の男が逮捕されたが、彼女にはどうしてもその男が犯人とは思えなかった。ジェリーはアリスのオフィスにたびたび訪れては、お得意の陰謀説を開陳するが、彼女はたわごとだと思いながらもなぜか彼に冷たくできない。ある日、ジェリーが血だらけで現れ、正体不明の男たちに拉致されて拷問を受けたと言う。彼は命からがら逃げる時に、首謀者格の男の鼻を噛み切ったと話したが、アリスにはそれは妄想としか思えなかった。逮捕され、病院に収容されたジェリーの身元を引き取りに、CIAの精神科医と自称するジョナス博士(パトリック・スチュワート)がやって来た。彼はなんと鼻にケガをしており、ここに及んで初めて不審を覚えたアリスは、ジェリーを逃がしてやる。彼女もようやく、背後に何かの陰謀が存在しているらしいと察知。FBIのラウリー捜査官(キルク・カザート)もジェリーを追い始めた。ジェリーのアパートに2人でたどり着いた時、敵の襲撃を受け、彼はアリスを守って逃げ延びることに成功。アリスは、狙われる理由は彼の発行しているニュースレター『陰謀の理論』にあるのではないかと考え、購読者を当たる。驚くべきことに、購読者たちは24時間以内に次々と死亡していた。2人は絶えずCIAに監視されながら、次第に事件の真相に迫っていく。実はジェリーはかつて、政府の影に存在する謎の組織によって人間を暗殺者に仕立てる洗脳計画の被験者であった。しかも、その計画の立案者こそ、あのジョナスだった。アリスの父親の暗殺を命じられたジェリーは、少女時代の彼女の姿を見た途端に殺せなくなり、暗殺に失敗していた。その後、組織の追求の逃れた彼は、一切の記憶をなくしていたのだ。やがてジェリーは組織に拉致監禁された。彼の口癖「ジェロニモ!」から、監禁場所がJERO精神病院隔離病棟であることを突き止めたアリスは、彼の救出に向かう。薬漬けにされていたジェリーだったが、アリスのピンチに暗殺者としての記憶を甦らせ、一味と戦う。最初からジョナスたちの組織の動きを追っていたラウリーらFBIも駆けつけた。ジョナスは死ぬが、銃撃を受けたジェリーも命を落とした。墓前で悲しみに暮れるアリス。だが、愛馬の背中に彼のタクシー・ドライバーのバッジが置いてあるのを見つけ、彼が生きていることを確信する。彼女の思ったとおり、例の組織と戦うためにFBIによって死んだとされたジェリーは生きていた。彼女とはしばらく会えないが、ようやく本来の自分を取り戻した彼の顔は晴れやかだった。

関連記事

  1. リーサル・ウェポン3 (1992) : Lethal Weapon 3

  2. ハムレット (1990) : Hamlet

  3. 身代金 (1996) : Ransom

  4. バード・オン・ワイヤー (1990) : Bird on a Wire

  5. フォーエヴァー・ヤング 時を越えた告白 (1992) : Forever Young

  6. 顔のない天使 (1993) : The Man Without a Face